会社の全体像 Outline

セブンドリーム・ドットコムは6つの事業部から成り立っています。それぞれが担う役割は異なりますが、掲げられたミッション「新しい、便利をカタチに。」のもと、互いに協力し合いながら会社を運営しています。
また、社内のプロジェクト遂行のために、各事業部から様々なメンバーが集結し、チームの垣根を越えて共に目的達成のために業務を進めることも少なくありません。
当社では、組織全体の発展の中で個々のメンバーもまた日々自分自身を成長させていくことが期待されています。

チケット事業部

  • チケット営業

    チケット営業の仕事は「モノを売り込む」営業とは少し異なります。担当は、イベントを主催されているお取引先様やアミューズメント施設を運営されているお取引先様などに対し、セブン‐イレブンのチケットサービス「セブンチケット」でご要望に沿った販売方法を企画・提案する役割を担います。
    自ら考え、行動し、お取引先様にもお客様にも喜ばれるチケットを企画・販売できることはこの仕事のやりがいの一つです。

  • 業務

    チケット営業担当と連携し、「セブンチケット」として販売するための各種情報を整理、販売体制を整えていく役割を担います。
    販売スケジュール、チケット券面に掲載する内容、販売する券種や座席情報、在庫などを網羅的に管理し、「セブンチケット」の実販売につなげていく仕事です。

  • 販売促進

    各種広告媒体(店頭ポスター・フリーペーパー:7ぴあ)やSNSを活用し「セブンチケット」の販売情報をタイムリーに発信。売上向上に寄与する役割を担います。
    チケット営業担当と共にお取引先のご要望に寄り添い、効果的なプロモーション策を企画する仕事もあります。

サービス事業部

マルチコピーサービス

全国のセブン‐イレブンに設置されているマルチコピー機では様々なサービス商品を販売しています。
その中で当社のマルチコピーサービス担当は、プリペイドサービス(電子マネー・オンラインゲーム・動画配信他)、スポーツ振興くじ(toto・BIG)、保険(三井住友海上)等のサービス商品の販売・販促方法立案、チケットぴあやJTBチケットのマルチコピー機での販売受託、コンテンツプリントの商品開発を主な業務としています。
お客様にご満足いただけるサービス商品やコンテンツをマルチコピー機で販売するために、お取引先様との協業やセブン‐イレブン店舗の知識をベースにした創意工夫が常に求められます。

店舗決済/店舗留め置き物流サービス

店舗決済/店舗留め置き物流サービスで展開するサービスは主に3つです。プレイガイド等がインターネットサイトを通じて販売するチケットの代金支払い・発券を支援する業務、お客様が通販サイトで購入した商品のセブン‐イレブン店舗でのお支払いを支援する業務、店舗でのお受取りを支援する業務があります。

  • ①チケット代金の支払い・発券を支援

    各種プレイガイドやレジャー施設サイトで販売されているチケットを、全国のセブン‐イレブン店舗で代金支払い・発券ができるよう、サービス提供に必要なバックグラウンドを整えていきます。また、新規のお取引先様を開拓し、新たなチケットの取り扱いにつなげていくことも担当の重要な任務です。

  • ②通販サイトの代金代理受領サービスの支援

    昨今、多くの通販サイトで様々な商品が販売されていますが、それらが全て安心・安全な商品の販売とは限りません。そのため担当は、通販サイトが適切な商品を適切な方法で販売しているどうかの審査を行い、見極めたうえで、セブン‐イレブン店舗支払いのサービス提供へとつなげています。

  • ③通販商品のセブン‐イレブン店舗での受取りを支援

    担当は、お客様が通販サイトで購入した商品を日々安全に、遅滞なくセブン‐イレブン店舗でお受取りいただけるよう店舗留め置き物流を運用する仕事を行っています。

デジタル推進部

  • Webプロモーション

    セブン‐イレブンの販売促進を中心とした様々な情報発信を支援するチームです。
    具体的には、公式ホームページ/アプリ/SNS(X,Instagram,Facebook,YouTube)/店頭レジなどの媒体を使った施策の企画、制作、進行管理、検証まで全ての工程に関わっていきます。
    セブン‐イレブン・ジャパン、広告代理店、各種メーカー企業と協働し、一人でも多くのお客様に「商品・サービス・企業としての取り組み」を知っていただき、セブン‐イレブンのファンになっていただけることを目指しています。

  • グループサービス支援

    セブン‐イレブンの来店促進や売上拡大を目的に、当社グループ外部のSNSアプリやメーカーブランドサイトと連携し、販売促進企画を推進する役割を担います。また、セブン‐イレブンの「7NOW」アプリ、配食サービス「セブンミールサービス」や「セブン‐イレブンギフト」等のラストワンマイル政策を支援、推進し、新たな顧客開拓の実現に向け、業務を行っています。

  • グループCRM推進

    セブン&アイグループとして進めているCRM(顧客関係管理)戦略をサポートするチームです。グループ各社でのお買い物やお食事でたまる「マイル」を、商品クーポンや電子マネーに交換できるサービス「セブンマイルプログラム」や、グループ共通の会員ID「7iD」の会員向けWebサイトを運用しています。
    具体的には、グループ事業会社との接点を増やすための様々な施策の立案、お客様へお届けするコンテンツの制作や情報配信を行っています。

センター運営部

全国のセブン‐イレブン店舗には毎日約2,000万人のお客様がご来店され、もはや地域の生活インフラに。店舗では商品販売以外にも様々なサービスを展開していますが、多種多用な店舗業務をスムーズに進行させるためには、提供サービスについてのお客様からの対応や店舗の業務上のお困りごとに対応する窓口が必須です。
当社のセンター運営部はそれらのお問合せ窓口となるコールセンターを管理・運営する重要な役割を担っています。お客様やセブン‐イレブン店舗からのお問合せ対応実務は外部お取引先様へ業務を委託していますが、品質の高いコールセンターとしてお客様や店舗から評価いただけるよう、担当はお取引先様と一体となってオペレーター教育を行っています。
また、直近ではAIを用いたお問合せ種別ごとの振分けシステムを導入するなど、担当にはコールセンター業務の課題に応じて積極的に新しい手法を企画・提案し、解決につなげる能力が求められます。仕事のやりがいの一つです。

管理部

  • 人事・企画

    人事担当は、人材採用(新卒・キャリア)、教育・研修、労務管理等の各種業務を通じて、社内の人的資源効率の最大化を図る役割を担います。また、当社への入社希望者が最初に接する「会社の顔」とも言うべき存在です。
    企画担当は当社の経営企画業務を遂行します。具体的には、会社を将来にわたって成長させていくための経営計画立案および実施のサポートと、近年ますます重視されているCSR(企業の社会的責任)活動を円滑に進めていくための各種対応(コーポレートガバナンスやコンプライアンスの確保)が主業務となります。

  • 経理

    経理の主な仕事は「会社のお金を管理する」ことです。会社の日々の取引を記録し、会社の財務状態や利益がいくら出たのか等を決算書にまとめ関係者に報告する役割を担います。
    特定の部門だけでなく全ての部門と関わりながら業務を行い、会社のお金を扱っているため経営に近い立場で仕事ができます。また、経理担当によってまとめられたデータは経営戦略を立案する上で必須となりますので、会社の経営や将来を任っているという大きなやりがいを感じることができます。

  • 総務

    総務の仕事は多岐に渡りますが、当社社員が快適に働けるよう社内を整えていくことが主な役割となります。
    社内のあらゆる備品の発注・管理、照明や空調設備の点検・整備、防災設備管理や防災訓練の実施、社内行事やイベントの企画・運営、株主総会や取締役会の事務局、契約や文書管理他、会社の中で職務分掌が明確になっていない業務を積極的にこなしています。

システム部

社員が使う社内のシステム環境を構築し、業務の効率化を進める役割を担います。PCや周辺機器、導入済アプリやツールなどを管理し、近年ますます重要となっている情報セキュリティ対策も主導して行っています。
また、担当自らがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:PCで日常的に行っている事務作業を自動化できる技術)のスキルを身につけ、他の社員へのRPA教育に携わるなど、IT分野リーダーとしての仕事もあります。

  • ※ 2025年新卒採用エントリーは3月1日からです